京都アースホームのブログ(家を建てる前に知るべき事)

新築住宅購入する方が後悔しないお話

換気について

 

現在日本では24時間換気が義務付けられています。

 

以下 日本スティーベル社 ホームページより

 
2003年から住宅の24時間換気が義務化され、家の空気を1時間に0.5回入れ替える機器の設置が必須項目となりました。 この時期に問題となっていた、ホルムアルデヒドなどのシックハウス問題は解消され、現在では換気の必要性を再定義されつつあります。
次のような代表的なメリットが挙げられます。
1.結露対策
3人家族における100-140㎡の居住スペースでは、1日平均10.65Lの水分を排出します。結露を放置すると、結露水が発生しカビの原因にもなります。建材の劣化にもつながり、住宅の寿命を縮めます。
2.カビ/ダニの発生
ダニの発生数と、換気システムの稼動には、相関性があります。換気装置を使用しない場合、ダニの発生率は急激な伸びを示します。逆に、換気装置を回し始めると、ダニの数は徐々に減少してゆくというデータがあります。
3.外部空気の影響
日本には、PM2.5や花粉といった外部からの有害物質が多く存在します。現在では、それら有害物質が室内に入らないよう、外の空気をフィルタリングして室内に取り込むという役割を換気が担います。
4.CO2濃度
私たちは、人生の90%を密閉された空間の中で過ごします。CO2濃度の上昇は、集中力の低下にもつながります。換気は、CO2濃度を低下させる事により、生活の質を向上させる役割を担います。
5.省エネルギー
先進の換気システムには、熱交換装置が付いており、部屋の温度を外に逃がしません。少ない電力でも、最大で90%の熱を回収するため、冷暖房負荷を大幅に減らし、光熱費を減らす事ができます。また、室内の温度変化が少なくなるため、冬場のヒートショック対策としても非常に有効な手段です。
ZEHや、住宅の性能が重視される昨今、「光熱費削減」「清潔・快適」の熱交換器付きの換気システムが最も有効な換気手段と言う事が出来るかと思います。
スティーベルは、熱交換換気システムをフルラインナップで御用意しているため、お客様の様々な状況に応じ、上記のメリットにプラスして「簡単」で「長寿命」なシステムのご提案が可能です。

 

なぜ義務づけられているの?
シックハウス症候群を防止するための対策
住宅の高気密・高断熱化に伴い、生活用品や建材に用いられた化学物質、高い温湿度によって発生したカビやダニ、また暖房・給湯器などから放出される一酸化炭素二酸化炭素、窒素酸化物などが室内を汚染し、それが原因で起こる健康被害を「シックハウス症候群」といいます。
シックハウス症候群を防止する対策としては、化学物質の発散量の少ない建材を使用するとともに、換気によって室内の化学物質の濃度を低減させることが効果的です。
このため、2003年に建築基準法が改正され、強制的に室内の空気を自動的に行うことを可能とした24時間換気システムの設置が義務付けられることになりました。

 

www.nihonstiebel.co.jp

 

換気システムにはいろいろありますが、私どもは日本スティーベル社製 ダクトレス換気システム LT-50 ecoを標準採用しています。

理由はいくつかあります。

例えば、換気は24時間ですから住んでいる間はずっと動かせていますのでまずは電気代にこだわりました。

次に、お手入れが簡単です、ダクト式の換気システムは数年毎に清掃など手入れが必要で、大がかりな換気器具だとどうしても故障した時に大きくお金がかかり、一般のお施主様は保証が切れた後にどう対応するか困惑してしまうからです。

また、LT-50 ecoは熱交換型ですので高気密・高断熱住宅には欠かせない換気システムなのです。

価格の問題もあります。住宅を建てる中でキッチンやトイレ、バスなどたくさんの選定項目があります。ですから機能性に対してのコストの安さを重視しました。

これは製品自体と住まれてからのランニングコストを含んで考えています。

などなど、本当にお客様にとって何が良いのか、自分なら何を使いたいのかと言うことから商品選択をし標準仕様に取り入れていますのでお引渡しをさせて頂いたお客様には十分に満足いただけているのだと思います。

良い商品はどんどん世に出てきます。日々いろいろな製品と出会い、目に見えなくなる部分にお客様に代わって、自分が住みたい家の構造や器具をこれからも選定していきたいと思っています。

高気密・高断熱の家に熱交換型の換気システムを使わない工務店は意味が分かりません。

皆さんもよく考えてください。工務店の言いなりになっていませんか?説明は十分に受けていますか?目に見えてこないからって軽視してはいけません。

 

 

 ご好評いただいております勉強会次回開催予定。

2017年11月12日(日曜日)13:30~16:00 場所JR嵯峨嵐山駅徒歩1分
「第11回賢い家づくり勉強会」開催 限定20組(ご予約制)

お問い合せ | R+house(アールプラスハウス)京都右京・亀岡店

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

 

f:id:r-plus-house-kyoto:20170920161211j:plain