京都アースホームのブログ(家を建てる前に知るべき事)

新築住宅購入する方が後悔しないお話

ヒートショックについて

 

先日からの台風の為、現在進行している現場の養生と確認で少しバタバタしていました。

事前の段取りで現場は問題なく今日も仕事が進んでいます。

 

さて夏も終わりこれから少し過ごしやすくなりますがそのあとには寒い冬が来ます。

そこで今大変問題になっている「ヒートショック」について書きたいと思います。

 

ヒートショック」とは・・・

温度の急変により身体がダメージを受けることです。

急激な温度変化により、血圧や心拍数に急激な変化が起こり、脳血管障害や心筋梗塞など起こす危険性が高まります。

 

急激な温度差が家の中で起こる要因としては部屋間の温度差です。住宅の部屋間の温度は新築住宅だからって大丈夫とは限りません。全館空調や高気密・高断熱の家では問題ないと思われがちですが本当の高性能の家はまだまだ普及していません。

全館空調は高気密でないとかなりの電気代がかかり、高気密・高断熱住宅でも気密性能が悪いと温度差は発生します。

夜間リビングを適温に設定していても廊下やトイレは寒かったりするのがまさにそれです。

過去の調べでは家庭内でヒートショックによりなくなる方(入浴死)は全国で推定17000人。

それに比べ交通事故で亡くなられる方は約4300人。

交通事故と比べると約3.8倍の方が家庭内で亡くなっています。

交通事故で亡くなるより自宅にいる方が亡くなる確率が高いというのは皮肉なものです。

とは言え、これは過去の調べです。これから住宅を建てる方はそこに気を付ければ良いのです。

前にも書きましたが家を建てる工務店さんに気密測定をお願いすれば良いというのが結論で、その時に気密測定結果の数値が0.5㎠/㎡前後であれば部屋間の温度差はそんなに出ないかと思います。しかし換気計画は重要です。

気密測定・・・これは新築される方には必ずチェックしていただきたい項目の一つです。高いお金を支払うのですから工務店にしっかりと説明を受けて建ててもらいましょう。

文末にありますがそんな勉強会を行っています。

お問い合せ | R+house(アールプラスハウス)京都右京・亀岡店

 

※参考に今年の1月に出された消費者庁からの注意喚起を添えておきます。

 住宅は大きなお買い物、安心して健康に住める場所にしたいものですね。

 

次回は換気計画について書きたいと思います。

f:id:r-plus-house-kyoto:20170918171445j:plain

f:id:r-plus-house-kyoto:20170918171509j:plain

f:id:r-plus-house-kyoto:20170918171528j:plain

 

 ご好評いただいております勉強会次回開催予定。
2017年11月12日(日曜日)13:30~16:00 場所JR嵯峨嵐山駅徒歩1分
「第11回賢い家づくり勉強会」開催 限定20組(ご予約制)

お問い合せ | R+house(アールプラスハウス)京都右京・亀岡店

 

 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村